にきび ピーリング 対策

にきびとピーリング

にきびの治療法のひとつにケミカルピーリングがあります。

ケミカルピーリングというのは特殊な薬を使って、肌表面の角質層を取り除くという方法です。
従来はエステサロンなどで行なわれている事が多かったのですが、家庭でも手軽にケミカルピーリングが出来るような石鹸などが販売されるようになりました。

角質層を薬品の入った石鹸で削り、皮脂の出口を作って、毛穴がふさがっているのを解消させるという治療法で、自然に代謝するはずの角質を薬を使って無理にはがす治療になります。
ですからケミカルピーリング後は乾燥しやすく、紫外線にはかなり弱い肌になりますから、その点は十分に注意しましょう。
保湿と紫外線対策を徹底しておかないと、にきび対策のためにおこなったピーリングが思わぬ肌トラブルを起こす事になります。

ピーリングによるにきび対策は、どちらかといえば、肌のデリケートな人はあまり使わないほうがいいでしょう。
肌が弱い人は刺激が強すぎて、にきび以外の皮膚炎の原因になりますから注意しましょう。
ケミカルピーリングを行なう頻度についても、毎日する必要は無いので適度に行ないましょう。

角質がたまってきたと思ったりにきびが悪化したときなどに行なうのがいいでしょう。