にきびの正しい洗顔法 対策

にきびの正しい洗顔法

正しいにきびケアの洗顔方法をここでは考えていきましょう。

どのようにして洗顔をするのが、正しいにきびケアになるのでしょうか。
洗顔はにきびの治療方法の一つとして、自分でやるにはとても効果がある方法です。
しかしにきびが出来ているからといって、やたらめったに回数を増やして洗顔をすればいいというわけでもないのです。

洗顔は1日に2−3回で大丈夫ですし、むしろ十分すぎるくらいです。
洗顔しすぎてしまうと、皮脂の分泌は活発になってにきびが反対に増えてしまうとも言われているのです。

夏は皮脂の分泌が特似活発になりますし、汗、ほこりなどで肌が汚れやすい状態になっているので十分に注意しなければいけません。
脱脂力がある、石鹸を使い脂を取り除きながら綺麗に洗顔をするといいでしょう。

その反対に冬は表面が乾燥してかさかさしてしまいますから、その場合にはあまり乾燥を助長しないような肌に刺激の少ない石鹸を使って、大切な皮脂を洗いすぎないようにする事が大切です。

洗い方としては、まずはぬるま湯で予洗いをしておきます。
そして石鹸でやさしくたっぷりの泡で包み込むようにして洗います。

そしてタオルで拭くときはゴシゴシ拭くのではなくて、押さえて水分を取るくらいの感じで拭きましょう。