にきびの種類 対策

にきびの種類

にきびは一種類ではありません。

にきびの種類についてですが、にきびには段階ごとに種類があります。
最初は黒にきびから始まって、白にきびになって、赤にきびへと進んでいきます。
黒にきびはにきびの最初の段階で、にきびの真ん中にゴマみたいなコメドというものがあって、これは毛を中心にして、肌の角質や皮脂が酸化したものが固まってコメドになります。

黒にきびは毛穴の奥に出来て毛穴が開き、このコメドの先が黒くなって見えています。
そして白にきびですが、こちらは毛穴が膨らんでいるのに少し閉じている状態のことを言います。
見た目には黄色い色のような白い色をしているのが特徴です。

黒にきびに比べると白っぽいので、状態としてはまだましなのかと勘違いしてしまいがちですが、実は黒にきびよりも悪化している症状なので注意しましょう。
次に赤にきびですが、これはアクネ菌が炎症を起こしていて皮膚に赤い湿疹ができている状態です。

もしこの赤にきびが更に悪化してしまえば、毛穴が広がって、ついには毛穴の壁が破れてしまい、そして炎症はひどくなって、もう自分では治療が出来ないくらいに重度のにきびになりますから注意しましょう。

自分のにきびを見て、色で種類を判断できれば進行具合も判断できます。