大人にきび 対策

大人にきび

にきびは思春期にだけできると思っていた人も多かったと思いますが、最近はにきびは思春期だけでなく、思春期を過ぎた成人にも出来るのです。

これは思春期にきびに対して、大人にきびと呼んだり、成人にきびと呼んだりしています。
年齢的には成人してからなので20歳以上の人ができるにきびということになります。

特に思春期に出来るにきびと違って、口の周り、顎周辺に出来やすいといわれています。
なぜ大人にきびが出来るのかといえば、原因は色々とあり、単に皮脂の分泌が活発になっているとかホルモンのバランスが乱れているという思春期にきびとは違って、様々な原因が考えられますから、一言で大人にきびの原因を表すのは大変難しいでしょう。

しかし大人にきびはストレス、生活習慣、食生活習慣、睡眠、体調不良などが原因で発症するといわれていますから、簡単に言ってみれば日ごろの生活によって発症するという事がわかっています。

思春期にきびでは、脂性の人だけに出来やすいとされていたのですが、今は乾燥肌の人にも大人にきびの場合にはできてしまうというのが現状ですから、十分に注意して生活習慣の見直しや食生活習慣の見直しを考えて予防していかなくてはいけません。