にきびの原因 対策

にきびの原因

にきびに悩んでいる人は多いと思いますが、にきびの原因はなんなのでしょうか。

にきびというのはそもそも皮脂腺と毛包という部分で発症するとされています。
思春期の時にはアンドロゲンと呼ばれる名前の男性ホルモンの数値がアップするために、皮脂の分泌が活発になってしまいます。
皮脂が活発に分泌されれば毛穴を皮脂がふさいでしまう事になり、その結果にきびが出来てしまうのです。

皮脂が毛穴の中に詰まって出来た場合には黒にきびと呼んだりもしていて、毛穴が黒ずんで見えるのはそのせいです。

そしてこの部分で細菌が増えてしまうと炎症が起きてしまったり、それが膿になったりする事もありますから、十分に注意が必要なのです。
男性ホルモンの場合には汗腺によって皮脂腺が刺激されて、皮脂の分泌量が普段よりも増えてしまいますから、思春期のときには、男性のほうが女性よりも肌の皮脂の量がかなり多いという特徴もあり、にきびは男性のほうが出来やすいとも言われていますがこれは思春期の場合の話です。

成人してからのにきびは男女とも多く見られ男性だけに多いとも言い切れません。
にきびの原因は皮脂の過剰分泌とされていますが、食べ物や生活習慣、ストレスなども影響しているといわれています。